副業はバレない!?その方法と、オススメの副業 4選

recommended-side-job-3仕事の悩み
スポンサーリンク

最近、よく取り沙汰されている、年金2000万円問題等、お金に関する、私たちの将来の悩みはつきものです。

以前、こちらの記事で、会社員として受けている恩恵、についてとりあげましたが、

日本社会においては、ある程度、会社員の身分は保証されている、とはいっても、必ずしも、将来に対して不安はない、とは言えません。

そもそも、規模に関わらず、会社そのものが、倒れることだってある時代です。

会社というのは、自分がどんなに頑張ったところで、自分以外の原因で倒れる可能性が大いにあります。

経営者でもない限り、自分でコントロールなどできるはずもありません。

これは、転職などをして会社を移ったとしても、会社員である以上、避けられることではないのです。

では、私たちは、こういった将来に対する不安から逃れるためには、どうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

副業はバレない!?その方法と、オススメの副業 4選

副業はバレない!?その方法とは

少し、話は変わるのですが、皆さんは、「ポートフォリオ」という言葉をご存じでしょうか。

ポートフォリオ」とは、

金融・投資用語で、

投資家が、どのような金融商品を保有して、資産をどのように分散させているのかを示したもの

のことです。

投資の世界においては、リスク回避のために、資産を、複数の金融商品に分散させることはよく知られています。

自らの資産を、預金、不動産、株式、債券などの金融商品に、バランスよく分けて投資しておき、たとえ1つがダメでも、他でそれをカバーする、という、予想外の市場の変動にも耐えうる、リスクヘッジのやり方です。

決して、1つの金融商品に、全てを投資する、というやり方はしません。

このリスクヘッジのやり方を、私たちが応用するとすれば、どうなるでしょう。

それは、今、働いている会社の仕事の他に、別の仕事もする…….つまり、副業をする、ということではないでしょうか。

ただ、残念ながら、日本の多くの会社では、副業に関して、禁止しているところが多いと思います。

因みに、私の会社でも副業は禁止されています。

ですが、一度、自身の会社の就業規則等を確認してみて下さい。

もし、認められているようであれば、副業に取り組むことで、
お金に関する将来の不安は、少しは取り除けるようになるのではないでしょうか。

また、もし、私の会社のように、副業が禁止されている場合、
副業をやっていることが会社に知られてしまうと、最悪、解雇、ということになりかねませんので、注意が必要です。

しかしながら、あくまで自己責任ですが、会社に知られない抜け道はあります。
それは、下記の条件を守ることです。

  1. 副業を事業収入とすること。
    副業が給与収入であると、住民税を、自分で納税することができません。
    この為、住民税の額で、副業をしていることが会社にバレてしまいます。
    これは、アルバイトであっても同様です。
    ※市町村などの自治体によって対応が異なるので確認をしてください。
    ですが、フリーランスなどの事業収入であれば問題はありません。
  2. 確定申告をすること。
    毎年、2/16~3/15の間に、自分で、確定申告をします。
    また、その際、副業の住民税の納付方法は、普通徴収(自分で納付)を選択してください。
  3. ふるさと納税、住宅ローン控除申請を利用していないこと。
    ※ふるさと納税額によっても対応が異なるので、税務署に確認が必要です。
  4. 副業で赤字決算を出していないこと。
    ※事業所得で確定申告した場合、副業が赤字であれば、勤務先の住民税額が減る為、バレる可能性があります。

上記は、絶対に会社に副業がバレないと、保証するものではありません。
行う際は、あくまで、自己責任、でお願いします。

いずれにしても、一度、税務署に行って相談してみることをお勧めします。

オススメの副業 4選

それでは、事業収入となる、おすすめの副業とは、どのようなものがあるのでしょうか。

一般的に、おすすめとして知られているものを、ピックアップしてみました。

  1. せどり

    せどりとは、商品を安く仕入れて、売価との差額で利益を出すものです。

    社会問題となった、人気ミュージシャンやアイドルの公演チケット、最新作のゲームなど、希少性の高いものを、実際の定価よりも高く売る、いわゆる、転売、とは違い、

    せどりは、家電量販店など、安価に販売しているところで商品を仕入れ、おおむね定価前後の価格で売って利益を出します。

    売る方法としては、Amazonを利用するのが一般的です。

    モノレートというツールを使えば、実際に商品を仕入れる前に、その商品がどれくらいの価格で売れるのか、等をあらかじめ知ることができるので、損をしにくい、と言われています。

    モノレートは、「Amacode(アマコード)」という、スマホ版のアプリも無料ででており、店舗での仕入れの際も、扱いやすくて便利です。

    また、Amazonには、手数料がかかりますが、FBAという代理発送サービスがあり、仕入れた商品をAmazonの倉庫に送っておけば、商品の管理、梱包、発送を、Amazon側が全て処理してくれるサービスもあります。

    せどりは、特に資格なども必要がなく、誰でも簡単に始められることから、今、非常に人気のある副業の1つです。

  2. FX

    FXとは、自国や他の国の通貨が変動するタイミングで、買ったり売ったりして、その差額で利益を出すものです。

    また、レバレッジという制度があり、自己資金があまりない方でも、
    最初から、資金を何倍にも引き上げて取引をすることができます。

    この為、誰でも一攫千金が狙える一方、一瞬で大金を失ってしまう恐れもあり、リスクも大きい、といえるでしょう。

    チャートなどをみて、自身で定めた変動の形のときにだけ取引を行うなど、ある程度、決めておけば勝てる、と言われていますが、
    運などに左右されることも多いことから、ギャンブル性の高い副業、ともいえるでしょう。

    なお、FXについては、こちらの記事で詳しくまとめていますので、よかったら、ご参照下さい。

  3. アフィリエイト

    アフィリエイトとは、自身でブログやサイトを作って集客し、設置した広告を見てもらったり、実際に、その商品の購入などをしてもらうことで、報酬を得る、というものです。

    集客を前提としている為、SEOによる検索順位が上位になる必要があり、
    記事も、読む人の為になるものにするなど、その内容もさることながら、
    ある程度の記事数も必要(50~60記事以上)となってきます。

    この為、結果が出るまで、非常に時間がかかるので、時間や労力に見合わない、という人も多く、実際、月1万円以上を稼げる人は、全体の5%ほど、だと言われています。

    ただし、ひとたび記事の検索順位があがると、Googleのアルゴリズムが変わらない限り、上位に維持される為、安定した集客が見込めるようになります。

  4. プログラミング

    プログラミングは、フリーランスとしては、非常に儲かる仕事です。

    需要があるので仕事の案件数が多く、単価も高い、と言われています。

    しっかり勉強をすれば、半年ほどで身に付けることができ、
    また、1年ほど、仕事で経験を積んで独立し、フリーランスになれば、年に1千万は稼げる、と言われています。

    さすがにそれだけ稼ごうと思ったら、仕事量的に、副業ではなくなるでしょうが、実際、そういう方もいらっしゃるそうです。

以上、一般的に知られている、おすすめの副業 4選、でした。

まとめ

将来に対する、金銭的な不安を解消するために、
事業収入にできる、副業をご紹介しました。

フリーランスの仕事を選ぶ際は、できれば、自身の強みとなるもの
これまでの経験や、磨いてきた技術などがあれば、それを生かして取り組めるものがベストです。

そうすれば、そこで得た知識や経験を、本業にもいかすことが出来るからです。

上記にあげた4つは、いずれも、初期投資がほとんどかからず、リスクも少ない、代表的なものです。

たとえ、これらに、実際に取り組まなかったとしても、
会社以外に、こういうやり方でお金を稼ぐことができるんだ、と知っておくだけでも、心にゆとりがもて、不安が和らぐのではないでしょうか。

もし、これを読んで、あなたがそうなったのであれば、私はとても嬉しいです。

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まことあり

コメント

タイトルとURLをコピーしました