【保存版】ナマケモノさんのための転職成功マニュアル

sloth転職
スポンサーリンク

これまで、当ブログでは、転職活動のやり方や、対策、心構えなどについて、詳しくご紹介してきました。

ご覧になられた方は、いかに転職活動が大変で、また、転職を成功させる為には、いかに転職スキルが必要か、をお分かりいただけたかと思います。

中には、ご覧になられて、そんなことやってられるか!と、あきらめた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は、そんな方にも、最低限、これだけをやっておけば、転職ができますよ、というのをまとめてみました。

これまで、当ブログをご覧になられていない方や、転職の知識をあまりお持ちでない方にも参考になると思いますので、是非、ご覧ください。

スポンサーリンク

【保存版】ナマケモノさんのための転職成功マニュアル

ナマケモノさんでもできる?転職活動

sloth-resting-on-a-tree

ナマケモノというと、ちょっと酷い言い方のように思うかもしれませんが、人は誰でも楽していきたい、というのは、至極当然のことではないでしょうか。

アメリカの作家 ロバート・A・ハインライン も、

進歩、ってやつは早起きするような勤勉な奴がもたらすんじゃない。何かをするときに、より簡単な方法を見つけようとする、ナマケモノが、進歩を生み出すんだ

と、述べています。

逆にそういう人がいないと、今日の、文化やサービスの発展はなかったわけですから、ごく自然の考えをもった、正直なナマケモノは、決して悪いことではありません。

かく言う私自身も、ナマケモノですし、その観点から、

転職活動を、
いかに楽に乗り切るか、
また、最小の努力で最高の成果をもたらすにはどうしたらいいのか、

をお伝えできれば、と思います。

ただ、いくら楽にのりきるか、といっても、これまでご紹介してきた、転職活動の基本的な流れは変わらないので、その範囲内で、お伝えしていきます。

ナマケモノさんの転職サイト登録

take-on-the-sloth

まず、以前、こちらの記事でご紹介しましたが、

転職活動は、

転職サイトで希望の会社を見つける

ことから始まります。

なので、まずはじめに、数ある転職サイトの中から、自分に合った転職サイトに登録をしなくてはなりません。

とはいっても、どのサイトが自分に合うのか、簡単には分からないですよね。

本来であれば、自分で各サイトを閲覧し、自身が志望する企業や業界の求人が多いところに登録するのが一般的です、
また、複数のサイトに登録することで、より自身が希望する求人を網羅することができるのでオススメです、と、上記の記事ではお伝えしておりました。

ただ、正直、自分で各々のサイトを閲覧するのも時間がかかりますし、複数のサイトへの登録も面倒ではあります。
また、登録したらしたで、後々、各サイトから、おびただしい量のメールが送られてくるので、その整理や管理をするだけでも大変になります。

そこで、ナマケモノさんならば、登録するなら、どれか1つのサイトにして、それでなんとか転職を成功に導けないかな、と考えることでしょう。

そこで、もし、どれか1つしか登録しない、とするならば、
いったい、その登録すべきサイトはどれなのか、というと、

それはずばり、

リクナビNEXT

になります。

その理由は、いくつかあるのですが、

そもそも、リクナビNEXTは、786万人以上という、日本最大級の登録者数をほこっていることが、まず第一にあげられます。(※2018年11月末時点)

それだけ、万人に支持される、信頼性の高いサイトであり、まさに、日本で一番の転職サイト、と言えます。

また、掲載求人数は、12,000件以上 もあり、これは、他のサイトと比較してもずば抜けて多いことに加えて、
さらに、特筆すべきことは、85%が、他社にない求人である、という事実です。
(※2018年11月時点)

正直、これだけでも、他のサイトを差し置いても、登録しない訳にはいきません。

そこで、ナマケモノさんは、まず、リクナビNEXTに登録しましょう。

ナマケモノさんはスカウトサービスを利用しよう

次に、こちらの記事で、スカウトサービスを積極的に利用しよう、とご紹介しました。

その際、求職者側のメリットとしては、

  • オファー待ちの、手軽で効率的な転職活動ができる。
  • 非公開の企業からのオファーも受けることができる。

などとご紹介しました。

この非公開の企業からのオファーについてですが、

先程の、リクナビNEXTには、

登録した会員にしか届かない、サイト未掲載の、特別求人のオファー

があります。

そして、そのオファーをする企業の数は、

なんと、

2万社以上!

数字も桁違いですし、それだけあれば、何社かは、ナマケモノさんのところにも、企業からの直接オファーが期待できるでしょう。

また、リクナビNEXTからのオファーは、他の転職サイトと同様、転職エージェントからのものもあります。

リクナビNEXTは、業界最大手のリクルートエージェントはもちろんのこと、その他、400社以上の転職エージェントと提携をしています。

以前、こちらの記事でご紹介しましたが、

転職エージェントは、必ずしも大手の方がいい、という訳ではなく、

特に、専門性の高い求職者にとっては、

特定の企業と密接な関係を築いていたり、また、小さくても業界に特化した転職エージェントの方が、いいオファーを受けられる場合もあります。

その点、リクナビNEXTであれば、提携している転職エージェントの数も多く、
また、その規模も、大小さまざまですので、業界に特化したオファーなど、もれなく、自分に合ったオファーを受けられることでしょう。

以上より、ナマケモノさんでなくても、
仕事が忙しくて時間がとれない、という方でも、
とりあえず、転職サイトに登録するだけで、オファー待ちの転職活動ははじめられるのです。
リクナビNEXT

実際の転職活動には、希望する会社を見つけた後、

その会社のホームページを見たり、口コミサイトで確認したりなど、
企業研究が必要になってくるのですが、

オファー待ちの転職活動の場合は、オファーがあった会社にだけ絞って調べればいいので、無駄が省けて楽ですね。

ただ、ナマケモノさんの中には、それすら、面倒だ、と思う方もいるかもしれません。

じつは、この企業研究自体も、自分でやらなくても、ある程度、すむ方法、があります。

それは、転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントを利用すれば、さらに手間が省けて、転職を成功に導いてくれます。

ナマケモノさんは転職エージェントを利用しよう

sloth-hanging-on-a-tree

以前、こちらの記事で、ご紹介しましたが、

転職エージェントを利用する際には、下記の、メリット、デメリットを把握したうえで、選定をしなくてはなりません。

転職エージェントのデメリット

  • 意中の会社に転職できない可能性がある
  • 自分のペースで転職活動ができない
  • 転職エージェントが申し込みを受け付けてくれないこともある

転職エージェントのメリット

  • 転職先を探してもらえる
  • 非公開の求人を紹介してもらえる
  • 採用までの日程調整・給与交渉などのサポートをしてもらえる

ナマケモノさんであれば、自身が何もしなくても、
求人紹介や、転職活動のスケジュール管理などをしてくれる転職エージェントの利用は、迷うところではないかもしれません。

また、そうでない方も、
転職エージェントは、
自己分析などのキャリアの棚卸を手伝ってくれたり、
職務経歴書の添削など、転職を成功に導いてくれるサポートも行ってくれる為、
利用価値はあるでしょう。

上記の記事でもあげましたが、中でも、もっとも転職エージェントを利用する価値が高いのは、非公開の求人を紹介してくれること、にあります。

この非公開の求人、というのはどういうものがあるのか、というと、

例えば、大企業の空いたポストなど、少人数で高待遇のものなど、

実際、転職サイトに掲載してしまうと、人数が集まり過ぎて困るような案件である場合が多いのです。

ナマケモノさんも、また、そうでない方も、転職は、キャリアや年収のUPをねらってされるでしょうから、これを利用しない手はありません。

ただし、以前、こちらの記事でご紹介したとおり、

転職エージェントは、転職サイト以上に数多くあります。

また、転職エージェントは、大手から、中小、個人でやられている方など、その規模や得意としている業界などもさまざまです。

ゆえに、転職サイト以上に、自分にあった転職エージェントを見つけることは非常に難しくなります。

上記の記事では、複数の転職エージェントに登録して、自分に合った求人を紹介してくれたところと活動をすればよい、とご紹介しました。

しかしながら、実際、複数の転職エージェントと活動をすると、
ほんとうに自身の意中とする企業に対して、集中して企業研究などの対策ができず、また、転職エージェントが複数にまたがると、面接のスケジュールなど、うまく、日程が組めない場合がでてきます。

そこで、ナマケモノさんのために、あえて数ある転職エージェントの中から、1つ、選ぶとするならば、

その登録すべき転職エージェントは、

ずばり、

リクルートエージェント

になります。

その理由は、

まず、転職支援実績が、業界No.1であることがあげられます。(※2018年3月期)

加えて、求人数が、

なんと、

20万件以上

と、圧倒的な数を誇ります。

正直、自身に合う会社を見つけ出すことは大変です。

当然ながら、それを見つけるためには、その数が必要なのは言うまでもありません。

リクルートエージェントは、その数が、他の転職エージェントを圧倒的に凌駕しているのです。

また、サポートにおいても、通常の、履歴書や、職務経歴書の添削に加えて、

「AGENT Report」 という、業界分析から選考のポイントまで、独自に収集・分析した、生の情報満載のレポートを活用できるサービスや、

月に1回、もしくは、2ヶ月に1回の割合で開催される、「面接力向上セミナー」があり、参加することで、
面接官の立場をシュミレーション体験したり、
面接官がどのようなポイントを重視し、どのようなチェックをしているか、
また、よくある不採用理由などを元に、面接におけるポイントを整理することができます。

上記のサポートの充実もさることながら、私が、数ある転職エージェントの中から、リクルートエージェントをおす理由は、そのスタンスにあります。

登録して、最初のころは、どの転職エージェントも、それなりにオファーを持ってきてくれたりするのですが、いざ選考が進んでダメだったり、
いただいたオファーの中に、自身が志望するような会社がなかったりで、申込みを断ったりしていると、
3ヶ月ほども経つと、途端に、メールなど、なんの音沙汰もなくなってしまうことがよくあります。

これは、実際、転職エージェントを利用されていて、体験された方は多いのではないでしょうか。

その点、リクルートエージェントは、
はじめから、必ずしも、すぐに転職をしなければいけないわけではない、ことをうたっており、半年~1年先の転職希望者であれば、まずは相談からでも
としています。
ゆえに、どの求職者も、安心感や信頼感をもって、中長期的に、転職活動ができるのです。

実際に、求職者は、今勤めているところより、いいところがあれば転職したい、と考えられている方が多い、と思います。

逆に、そうではなくて、すでに会社を退社され、すぐにでも転職先を見つけなければならない、という方は、焦りもでてくるでしょうし、足元をみられ、なかなか希望通りの転職ができないことが多いです。

ですので、いい転職をしようとすれば、どうしても、会社に勤めながらの活動を余儀なくされ、
また、その際、自身のキャリアや給与のUPに見合う会社を探すのには、どうしても時間がかかってしまうのです。

これは、求職者のわがままでもありますが、それに見合う、転職エージェントを選定することが、求職者にとって、一番いいはずですので、
ナマケモノさんに限らず、どれか、1つの転職エージェントを選ぶとするならば、
中長期的にみてもらえる、リクルートエージェントを選ぶとよいでしょう。

転職エージェントを選ぶと、後は、求人の紹介や、面接の調整年収交渉入社までの手続きなど、最後までひととおり面倒を見てくれます。

何かあれば、相談やアドバイスがもらえますし、
転職エージェントが、転職の成功へ導いてくれることでしょう。

このように、たとえ、ナマケモノさんであっても、転職サイトや、転職エージェントの登録さえ間違わなければ、一連の転職活動を、きちんと進めていくことができるのです。
リクルートエージェント

\リクルートエージェントへの登録はこちらからできます/

まとめ

【保存版】ナマケモノさんのための転職成功マニュアル

転職サイト

転職エージェント

  • 企業や転職エージェントのオファーを待つ

以上です。

まこと
まこと

色々考えると、ナマケモノさんにとっては、現時点では、この2つに登録することがベストなのではないか、と思います。
どちらも業界最大手ですので、いまさら感は否めないですが、
この方法は、
複数の転職サイト、および、転職エージェントに登録して、その対応自体に追われるのではなく、
登録は、最小限にとどめておいて、その対応を軽減させ、
ほんとうに自身の意中とする企業に対して、集中して企業研究などの対策に力を入れることができるやり方でもあります。
これは、なにも、ナマケモノさん に限ったことではありません。
転職を迷っている、転職予備軍の方にも有効な手法ですので、是非、トライしてみて下さいね。

 
転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まことあり

コメント

  1. […] 【保存版】ナマケモノさんのための転職成功マニュアル […]

タイトルとURLをコピーしました