成長曲線からみる起業の始め方

how-to-start-a-business-from-a-growth-curve-top仕事の悩み
スポンサーリンク

安倍内閣が推し進めてきた、アベノミクスですが、日本経済がよくなる兆しは、一向に見えてきませんね。

そんな中、明日(2019年10月)からは、消費税も10%になります。

はたして、日本は、今後、景気回復となっていくのでしょうか。

現状をみると、
当ブログでもご紹介してきた、AIやIoT、EV車、自動運転技術などの新しい産業も、日本は特に伸ばせてはおらず、世界から大きく後れをとっています。

加えて、少子高齢化もあり、このままでは、経済の衰退は避けられそうにありません。

ゼロ金利政策、円安など、これまで進められてきた、鉄鋼、自動車産業などの、特定の製造業に対する優遇は今後も続く、とは思われますが、
もうそれだけでは回復は難しいでしょう。

これまで人がやってきた多くの仕事がIT化され、
また、日本国内の仕事は、海外の安い労働力でおぎなわれるであろうことを考えると、
国自体のビジネスモデルを大きく変えていく必要があります。

こちらの記事でもご紹介しましたが、

消費税10%、働き方改革、これからの社会に向き合うべき働き方とは
ご存じの通り、2019年10月から、「消費税」が、10%に引き上げられます。 少子高齢化に伴う、今後の、社会保障費などの増加を考えれば、仕方がないことですが、 それでも、財政赤字を大きく減らすことは不可能でしょう。 むしろ、10%とい...

政府も、会社員の、起業や副業を、推進する動きがあります。

私たちにとっても、こんなに不安定で、急速に変化する時代には、
働き方を分散して、リスクヘッジしておくことが大切です。

収入源をひとつにせずに、複数の仕事を、同時進行させていくようにするのです。

これからは、現在の仕事以外に、種類の違う、「第二の仕事」をもつこと、
これを目指していきましょう。

当ブログでは、これまでにも、起業について、下記の記事などで、
そのやり方や、仕組みについて、ご紹介してきました。

「起業」に必要な3つの要素とは
当ブログでは、これまでにも、人生100年時代における働き方について、取り上げてきました。 今回は、その中でも、「起業」について、踏み込んでみたいと思います。 う~ん、「起業」といっても、そんなの誰でもできるわけじゃな...
起業の方法を簡単にまとめてみた~事業開始に必要な手続き~
サラリーマンの方は、これまで、あまり起業について考えたことがない方も多いでしょうし、そもそもよく知らないから、考えようもない、という方がほとんどだと思います。 ですが、これからの時代は、自身のキャリアのリスクヘッジとして、誰でも、起業につ...

今回も、起業するにあたり、参考になるであろう、トピックをご紹介していきます。

是非、ご覧ください。

スポンサーリンク

成長曲線からみる起業の始め方

起業で成功するには

起業で成功する、鍵、となるのは、それはずばり、

タイミング

です。

いつ市場に参入するのかが、起業の成功には、極めて重要なのです。

growth-curve-1

これは、MBA(経営学修士)の教科書にも解説されている、成長曲線です。

以前、こちらの記事でもご紹介しましたね。

転職活動で狙うべき、中途採用に積極的な会社とは~2選とそのポイント~
転職活動をする第一の目的は、意中の会社に内定をもらうことでしょう。 もちろん、それが出来るのなら、それに越したことはありません。 しかしながら、いざ活動をはじめてみると、書類の段階でおとされたり、思うようにいかないことも多々あります。 ...

単なる曲線なのですが、この曲線を使うと、ビジネスを、いろんな視点から、的確に説明することができます。

まず、先程の、起業を成功させるのに、一番いいタイミングはどこかというと、
それは、成長期に参入するのが一番いいです。

なぜなら、成長期は、一般的に、その事業で得られる収益全体の、80~85%が得られるからです。

一方、残りの15~20%は、導入期と安定期がそれぞれ分けるかたちになるので、
導入期や、安定期からの参入では、7.5~10%しか儲からないことになります。

それだけ、成長期の参入は、利益が大きいのです。

成長期の前半は、まだライバル会社も少なく、価格もさほど崩れていないので、大きなビジネスチャンスをつかむことになります。

ただし、成長期の後半になると、競争が激しくなるため、その時点からの参入だと、思ったように儲からない、ということもあります。

これは、新聞やニュースなどで、株価が連日ピーク、と報道されているときには、
もうすでに高値になっているので、
そのときに株を買っても遅すぎる、ということと同じですね。

かつて、日本が高度成長期のときには、日本経済全体が、成長曲線にのっていたため、努力をすればなんとかなった時代がありましたが、今はそうはいきません。

個々の事業ごとの成長曲線にのっていかないと、
すんなりと、ビジネスを立ち上げることができなくなっているのです。

このため、起業で成功するには、やみくもに手を出すのではなく、
参入する事業を見極めることが大切です。

したがって、ビジネスを始めるには、
その事業に対する知識と、情報を得るためのアンテナをはっておき、
そこから、その事業の、成長期前半のタイミングを逃さないよう、
予想することが重要になります。

これからの起業の始め方

冒頭にも書きましたが、現在は、日本の多くの産業が、安定期から衰退期にはいってしまっています。

当然ながら、安定期に何もしなかったら、このまま衰退していくだけです。

ですが、安定期は次世代のはじまりで、革新を起こすには最適な時期なのです。

今は、誰もが知っている、コンピューターを例に、ご説明します。
コンピューターの歴史は、以下の通りです。

コンピューターの歴史

メインフレームコンピュータ
(主に企業など巨大な組織の基幹業務用などに使用される大型コンピュータ)

オフィスコンピュータ
(主に中小企業等での事務処理を行うために設計された、比較的小型のコンピュータ)

パーソナルコンピュータ
(個人によって占有されて使用されるコンピュータ。PC、パソコン)

ラップトップ
(ノートパソコンの呼び名が普及する以前の、携帯型パソコン)

パームトップ
(掌の上に収まるサイズの電池駆動式のPC)

growth-curve-2

コンピューターは、これまで、図のように、曲線の上に曲線をのせていくような成長の仕方をしてきました。

このように、小さな波が積み重なることにより、
コンピュータは、生活に浸透していく、という、大きな波、をつくってきたのです。

その際、メインフレームコンピュータをつくって、それを成長カーブにのせられるかどうかというのは、天才の資質、が必要なのですが、

メインフレームコンピュータを小さくしたり、性能をよくしたり、というように、改善することで、新しいカーブをつくっていくことは、頭を使えば、凡人でもできるのです。

このように、成長期前半の事業の見極めは難しいのですが、
たとえ、見極めができなくても、既存市場を眺めつつ、安定している、もしくは停滞している事業のタイミングを見て、新しい波を起こすことはできます。

では、この新しい波を起こすには、どうしたらいいのでしょうか。

統計的に成功する確率が極めて高いのが、

既存市場の隙間(ニッチ)を狙って起業すること、

です。

たとえば、人材派遣事業の場合、
総合人材派遣は、過当競争になっていますが、
経理担当者、セラピスト、マッサージ師の派遣、といった、
特定の職種に専門化すれば、まだまだ、参入・成長の余地はあります。

実際、ITや看護師、薬剤師などの専門の人材派遣の会社も、たくさん出てきていますね。

同じく、リサイクル事業の場合も、
総合リサイクルは、過当競争ですが、
商品を特化した会社は、急成長しています。(厨房機器、事務用品など)

※元々、リサイクル事業は、仕入れ金額の、20~30倍の売価なので、
粗利の高い業界、という好条件もあります。

つまり、成長が一服した総合業種で、専門化できるような隙間を見つければ、
新しい成長カーブをつくれる、ということになります。

停滞したときが、次の新しいカーブが始まるシグナルなので、
今の日本は、次世代が立ち上がってくる時期、つまり、
起業家にとっては、大チャンス到来の時期、と言えるでしょう。

特に、大企業などは、大多数の既存の顧客や下請け企業などを大切にするあまり、身動きがとれず、どうしても、新たなものに取り組むスピードが遅くなりがちです。

そういった隙間をついて、事業をはじめればいいのではないでしょうか。

会社が成長していくために必要な人とは

会社が成長し、事業を継続していく、つまり、倒産等がないようにしていく為には、以下の4人の役割が必要と言われています。

起業家
長期的視野のアイデアが湧いてくる人。
創造力があり、そのアイデアを実現しようと行動する。
実務家
アイデアを具現化していく人。
短期的な視野の仕事、日常業務を効果的に回す人。
商品の仕入先を決めたり、配送システムをつくりあげたり、顧客の問い合わせに対応する体制を構築したりする。
管理者
経理部門。
日常業務をシステム化して、短期的な効率を重視する。
まとめ役
各々の人達をまとめる、調整役。

growth-curve-3

これらの4人は、図のように、事業の成長カーブの段階に応じて、必要となる人が変わっていきます。

まず、事業の立ち上げ時には、起業家がいて、
創成期には、起業家と実務家で、事業を構築し、
事業が成長曲線にのると、実務家と管理者で大きくしていき、
安定期に入り、停滞してくると、起業家が、新しいアイデアで、新たな成長曲線を描く、
といった流れが、事業を継続していくためには必要になっていきます。

また、起業家、実務家、管理者のそれぞれは、対立し易いことから、
その間に入って調整する、まとめ役、も重要な役割です。

このように、起業する際には、その事業の成長段階に応じて、それぞれの役割となる人を取り入れて、事業を成長させていくことが必要になります。

まとめ

成長曲線からみる起業の始め方

  • 起業で成功するには
    その事業に対する知識と、情報を得るためのアンテナをはっておき、
    その事業の、成長期前半のタイミングを逃さないようにすること。
  • これからの起業の始め方
    安定期にはいった総合業種で、専門化できるような隙間(ニッチ)を狙って起業すること。
  • 会社が成長していくために必要な人とは
    事業の成長段階に応じて、起業家、実務家、管理者、まとめ役
    となる人を取り入れること。

以上、起業するにあたり、必要なトピックをご紹介してきました。

参考にしていただけたら幸いです。

最後までお読み下さり、有り難うございました。それでは、また。

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まことあり

コメント

タイトルとURLをコピーしました