これで大丈夫!?中途採用面接における、代表的な質問3選

Peace-of-mind-1転職
スポンサーリンク

今回は、中途採用面接において、特に重要な代表的な質問3つを、ご紹介したいと思います。

どれも、面接に臨む際は、最低限、これだけは押さえておいてほしい、というものです。

これをご覧になり、是非、自分なりの答えを見つけて、面接の対策としてお役立て下さい。

スポンサーリンク

第8回 これで大丈夫!中途採用面接における、代表的な質問3選

3選とありますが、実は、1つは、第1回の時に、「転職活動をはじめる前に考えなければならないこと」としてご紹介した、『転職理由』です。

「なぜ、転職をしようと思ったのですか?」

これは、「転職してあなたは何がしたいのですか?」と聞かれていて、

答えとしては、

今の職場では実現できない、自身が叶えたいことを述べる

というものでした。

詳しくはこちらをご覧下さい。

その際にご説明しましたが、面接における質問は、そのままを受け取って答えればいい、というものではなく、あくまで、企業側が期待する答えを述べなければならないのです。

ここでは、その続きとして、残り2つの代表的な質問に対する答え方について、説明していきます。

「なぜ、当社に応募しようと思ったのですか、理由をお聞かせください」

第1回にお伝えした、『転職理由』の次に聞かれることが多い、『志望動機』についての質問です。

実際のところは、たまたま転職サイトで見つけたから、とか、転職エージェントに紹介されたから、とか、はたまた、給料が良さそうだから、とか、かもしれません。

ですが、そんなことを正直に答えるのは、もちろんNGです。

ここで聞かれていることは、同業他社と比べて、なぜ、うち(当社)を選んだのか、という、明確な理由です。

もっとくだけた言い方をすれば、「うち(当社)のいいところをあげてみてよ」と聞かれているのです。

またはじまった。
それならそうと、最初からそう聞けばいいのに。

まこと
まこと

まあ、まあ。
もうそろそろ、面接って、そういうもんだから、と割り切っていこうね。

これは、あらかじめ、その会社について深く知っておかなければ、明確に答えることが出来ません。

なぜなら、相手は、その会社に勤める社員ですから、生半可な知識では、ごまかしがきかないからです。

このため、答えを用意するのに、数ある面接の質問の中でも、もっとも下調べが必要な、労力のかかる質問、といえます。

たとえ時間がなく、応募の段階では難しくても、
書類が通り、いざ面接となった場合には、
できる限り、その会社について調べておくようにしましょう。

調べ方としては、こちらの記事でご紹介しましたが、

その会社のホームページを隅々まで見ることは当然のこと、加えて、上記の記事で紹介した、口コミサイトの評判の中から、その会社のいいところを見つけ出すといいでしょう。

具体的には、

  • 事業内容
  • 企業理念
  • 製品やサービス
  • 職場環境

などがこれにあたります。

同業他社に比べて優れていることもポイントとして見つけ出して下さい。

また、面接では、ただいいところを答えるだけでなく、自分の持っている経験やスキルといった「ウリ」を、その会社のいいところに活かせることを説明できると、ベストな回答になります。

例えば、

御社の、〇〇(その会社の製品)が好きで、昔から愛用していました。
自分が持っている、△△(スキルや経験)をいかしつつ、消費者目線で開発(販売)に携りたいと思いました。

とか、

机にしきいがない、風通しのよい職場環境だとお聞きしました。
自分が培ってきた△△(スキルや経験)を、社員の皆さんと常に情報交換をしながら高めていくことで、御社に貢献していきたいと思いました。

とか、

顧客満足度の向上を常に意識して実績を重ねてまいりましたが、個人のお客様に直接かかわり、お役に立ちたいとの思いが年々強くなりました。 「お客様の笑顔が最大の喜び」という貴社の理念に共感し、〇〇事業でこれまでの経験を活かしていきたいと考えております。

といったように、

その会社のどこに魅力を感じて、自分が何ができるか、ということを答えるようにしましょう。

「これまで働いてきた中で、あなたの最大の実績を教えて下さい」

これは、ある程度の年齢のいった中途採用者の面接では、必ずと言っていいほど聞かれる質問です。

中途採用は新卒採用とは違い、自社にはない、他社での経験をかう、というところに重きを置いています。

ですから、企業側も、まずは最大の実績を聞いて、その人の実力を知りたい、というわけです。

ただし、この質問に対して、応募者は、その実績のすごさをアピールしがちですが、実は、企業側のポイントはそこではありません。

えーなんで?
最大の実績を聞かれているんだから、実績をアピールすればいいんじゃないの?

まこと
まこと

まーそうなんだけど、企業側からすれば、ただ他社での実績をアピールされても、必ずしも、それが自社での実績に結び付くか、わからないからね。

実は、企業側は、実績のアピールよりも、どうやってそのような優れた実績を残せたのか、その勝因に至る背景や、手法を知りたい、と思っています。

それを知ることで、入社後に、その実績が、自社に活かせるものなのかどうかを見極めたい、と考えているからです。

つまり、この質問は、実績のすごさよりも、その勝因の方を詳細に説明することが求められている、というわけです。

たとえ実績の話しかしなかったとしても、必ず面接官からは、その勝因については尋ねられるはずです。
事前に答えは用意しておきましょう。

まとめ

これで大丈夫!?中途採用面接における、代表的な質問3選

  1. 「なぜ、転職をしようと思ったのですか?」
  2. 今の職場では実現できない、自身が叶えたいことを述べる

  3. 「なぜ、当社に応募しようと思ったのですか、理由をお聞かせください」
  4. その会社のどこに魅力を感じて、自分が何ができるかを述べる

  5. 「これまで働いてきた中で、あなたの最大の実績を教えて下さい」
  6. 実績のすごさよりも、その勝因の方に重きを置いて述べる

でした。

まこと
まこと

いずれも、中途採用面接において、特に重要な代表的な質問です。
是非、これだけは、面接官の意図する、自分なりの回答を用意して、面接に臨んでください。
応援してますよ。ファイト。

転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まことあり

コメント

タイトルとURLをコピーしました