転職市場での価値を高めろ!転職で評価される人とは~その傾向と対策~

career-change-market-value-2転職
スポンサーリンク

転職活動を成功させるには、当然ながら、自分自身が、転職市場で評価されなければなりません。

では、「転職市場で評価される人」、とはどういう人のことをいうのでしょうか。

ここでは、「転職市場で評価される人」、についてご紹介していきます。

終身雇用が保障されなく、1つの会社で勤めあげることが難しくなった今、
転職を考えている方も、また、そうでない方も、
これをあらかじめ知っておき、いざというときの為に備え、準備をしておくことは必要です。

是非、ご覧ください。

スポンサーリンク

転職市場での価値を高めろ!転職で評価される人とは~その傾向と対策~

仕事の好き嫌いと経験

会社で働いている人の中には、

その仕事が好きで、やりがいや、自身の成長を感じながら働いている人もいれば、

あまり好きではないが、不満を持ちながらも、しかたなく、その仕事をたんたんとこなして働いている人もいるでしょう。

また、そういった仕事に対する好き嫌いは、その人の立場や、会社の状況などによっても左右され、実に多くの人が、様々な感情で働いています。

これを、転職市場(=中途採用者)で求められる、「経験」、と合わせて大別すると、下記の4パターンになります。

仕事
やりたい
やりたくない
経験してる
経験してない
① 経験した仕事で、その仕事をやりたい人
② 経験した仕事だけど、その仕事はやりたくない人
③ 経験はないが、その仕事をやりたい人
④ 経験もないし、やりたくもない仕事をしてる人

では、この中で、「転職市場で評価される人」とは、どのような人のことをいうのでしょうか。

当然ながら、

①の、「経験した仕事で、その仕事をやりたい人

は、評価は高いです。

経験をしたうえで、かつ、前向きなのですから、転職市場でも評価は高いのは当たり前ですね。

では、その次に、転職市場からみて、評価が高い人は、どの人でしょうか。

それは、

②の、「経験した仕事だけど、その仕事はやりたくない人

です。

一般的に、転職活動をする人は、この②のタイプで、やりがいを求めて活動する、というパターンが多いのではないでしょうか。

特に、30、40代で、これまであまり転職活動をしてこなかった人が、これにあてはまると思います。

今の仕事は面白みを感じないし、評価もされない、将来性も感じないから、他社への活路を見出したい、と考えることは、ごく自然のことです。

転職市場では、その人の仕事の好き嫌いは関係はありません。
それよりも、その仕事を続けた経験、の方を評価されます。

ただし、転職を成功させるには、面接などで、その仕事に対して、ネガティブなことをいうのはNGなので、その点は気をつける必要があります。

こちらの記事にも書きましたが、

転職理由などは、

「今でも会社では十分に評価はされているが、さらに経験を積んで成長したい、今の環境ではそれができないので、機会を得たい」

など、とするといいでしょう。

③の、「経験はないが、その仕事をやりたい人

これは、やる気があっていいのですが、転職市場では、それは当たり前として、評価のしようがない、と判断されます。

このため、これが認められるのは、第二新卒などの若い人だけ、です。

ただし、それでも、足元をみられて、給与などの好待遇は望めないでしょう。

④の、「経験もないし、やりたくもない仕事をしてる人

というのは、もちろん、転職市場でも、論外、ですが、実は、これは、本人の責任ではなく、会社都合でなる場合も多いのです。

例えば、これまで開発部で働いてきたのに、いきなり会社から、営業部への異動を命ぜられた、などです。

この場合は、本人の希望に関係なく異動させられるので、その要求をのんでしまった場合、どうしても、④の状態になってしまいます。

畑違いの営業部でも、①のように、新たに経験を積んで、営業の仕事を好きになれればいいのですが、経験を積むには時間がかかりますし、
転職市場でも、その経験が評価されるのには時間がかかります

つまり、もし、会社から、このように部署異動を命ぜられ、それを受け入れた場合には、転職市場では、評価されない人になってしまう、ということです。

また、得てして、大企業では、このような理不尽な人事異動が行われることが多いのです。

したがって、このような部署異動を命ぜられた場合は、すぐに転職を考え、活動をはじめなければならなく、また、普段から、その準備をしておかなければならない、ということになります。

キャリアを積む、とはどういうことか

これまで述べてきましたが、転職市場では、やりたい仕事よりも、経験した仕事に価値がある、ということです。

つまり、働いていく上で、どういうことに気を付けなければならないか、というと、

その仕事で専門性を身に付けること

が重要である、

とともに、

その専門性を磨ける環境で働き続けること

が重要なのです。

そのようにして専門性を高めることができれば、決して1つの会社に執着しなくとも、転職市場は門戸を開け、受け入れてくれます。

たとえ、年齢が高くとも、また、たとえ、転職回数が多くても、
その専門性を高め続けてきた経験を、自信をもってアピールできれば、必ず、転職はうまくいきます

決して会社に依存しすぎるのではなく、普段から、自分の専門性を高められる場所に身を置き、それを磨くことに力を尽くすことが重要です

それが、キャリアを積む、ということに繋がっていくのです。

まとめ

転職市場での価値を高めろ!転職で評価される人とは~その傾向と対策~

常に自分の専門性を高められる場所に身を置き、それを磨いている人

でした。

まこと
まこと

ダーウィンの言葉で、

 

最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

 

というのがあります。

 

会社で理不尽な目にあうことは誰にでもあり得ます。

たとえそのような目にあっても、いつでも変化し、対応できるように準備しておくことは、自身にとって、とても重要なことです

 

上記の人であれば、必ず、他の会社でも評価されます。

 

是非、会社に依存しすぎるのではなく、普段から、自身に力をつける努力をしていきましょう。

転職
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まことあり

コメント

タイトルとURLをコピーしました