辛いストレスを解消するための、おすすめな6つの方法

6-recommended-ways-to-relieve-stress-top仕事の悩み
スポンサーリンク

現代社会において、ストレスは、誰にも、つきものです。

各々の環境などで、その内容や、重さなど、多少の違いはあれど、
私たちは、日々、ストレスにさらされています。

今や、このストレスに対して、どう向き合っていくのか、ということは、
私たちの人生においても、大きな課題のひとつ、とも言えるでしょう。

そこで、今回は、このストレスを解消する方法について、まとめてみました。

とはいうものの、世の中には、ストレスの解消法は多々あるので、
今回は、その中でも、特に、科学的に根拠のある、信頼性の高いモノを中心に、ピックアップしました。

これをご覧になり、実践することで、どんなストレスを受けても、すぐに立ち直れる、無敵のメンタルを手に入れることができるはずです。

是非、ご覧下さい。

スポンサーリンク

1.ストレス解消~呼吸法~

1-breathing

みなさんの中にも、大事な面接の前や、スピーチの直前などで、緊張したり、不安に感じたりしたときに、深呼吸をする人は多いのではないでしょうか。

深く息を吸い込んで気持ちを落ち着かせることは、ストレス対策としては定番ですね。

手軽さと即効性の面からも、呼吸のトレーニングに勝るストレス解消法はない、といわれています。

一般に、人間の体は、不安やイライラを感じると、心拍数が上がって、全身が緊張し、脳に酸素を送るために、息が荒くなります。

これは、人類が、古代のサバンナで暮らしていたときの、防衛システムなのだそうです。

とっさの危険に対して、全身にエネルギーを行き渡らせるために、進化したものだ、ということです。

しかし、ここで、意図的に呼吸を遅くすると、私たちの脳は、セキュリティシステムを解除し、同時に、心拍数が下がって、体の緊張もゆるんできます。

これは、呼吸が変わったことで、システムに、「危険が去った」とシグナルが送られ、脳の警戒心が解除されたために起こる現象なのだそうです。

もっとも、これで、完全に緊張が解けるわけではないでしょうが、
呼吸のリズムさえ整えれば、自分のストレスシステムにたいして、確実にいい方向に影響を与えられるのですから、試さない手はないですね。

調べてみると、呼吸法には、様々なモノがあるのですが、
ここでは、特にオススメな呼吸法をご紹介したいと思います。

これは、初心者向けの呼吸法として、スタンフォード大学の、ストレス対策コースでも使われているテクニックです。

具体的な方法は、次の通りです。

  1. テニスボールぐらいの小さな風船が、自分のお腹の中に入っている様子を想像します。
  2. 鼻から息を吸いながら、想像の風船が少しずつふくらんでいく様子をイメージします。
    それと同時に、風船が、お腹を内側から押しているように想像しましょう。
  3. 鼻か口から息を吐きながら、風船から空気が抜けていく様子をイメージします。
    そして、風船が、元の状態に戻るまで、息を吐き切ります。

行うときは、できるだけ、背筋を伸ばすように心がけ、
上記のステップを、1日5分、行います。

不要な緊張をほぐし、体に活力を与える効果が高いため、
朝、目が覚めた後に試すのが、オススメとのことです。

2.ストレス解消~運動~

2-motion

先の呼吸と同じように、運動も、ストレス解消に効果がある、というのは、ご存じの方も多いと思います。

なぜ、運動が、ストレスの解消に役立つのか、と言うと、体を動かすことで、脳の機能を高める物質が分泌されるからです。

その種類は、以前、こちらの記事でもご紹介した、

睡眠時間は関係ない!?質の良い睡眠をとるための方法と必要な食べ物
ここんところ、ずっと天気が悪いですね。 寝ていても、ムシムシしていて、汗をジワリとかきますし、 かといって、妙に空気だけはひんやりとしていたりで、 暑いんだか寒いんだか、よくわからなくなっている、まこと です。 いつもどおりの時間に...

セロトニンなどもそうですが、なかでももっとも影響が大きいのは、エンドルフィンです。

これは、運動の辛さを和らげるために分泌される物質で、
痛みや不快な感覚を減らし、すぐに私たちに幸福感を与えてくれます。

私は、休みの日(週に2回ほど)は、ランニングを行っているのですが、
このランニング中に気分が高まる、「ランニングハイ」と、同じメカニズムなのだそうです。

ただ、このエンドルフィンには、ストレスに効く最適量があるため、
運動をやり過ぎるたり、無理したりすると、かえってストレスを貯めることになり、効果が得られない場合もありますので、注意が必要です。

そこで、ストレスに勝つための最適な運動をご紹介します。

やはり、ストレス解消に効果的な運動は、歩くこと(ウォーキング)です。

いきなり、ランニングのような、負荷が高い運動をするのではなく、
まずは、軽い散歩からはじめて、少しずつ、負荷を上げていくのがいいでしょう。

ドイツのカールスルー工科大学の実験によれば、
1日に、30~60分のウォーキングを、週2回、5ヶ月間続けた学生は、
何もしなかった学生にくらべて、
期末テストの時期になっても、ストレス反応が低くなり、実際に試験の成績もアップしたそうです。

これは、軽く体を動かしたため、ストレスをつかさどる自律神経の働きが向上し、そのおかげで、何かプレッシャーを感じたとしても、いつもより脳が過剰に反応しないようになった、というわけです。

また、運動をすると、コレステロール値や、血圧も下がり、体重も減らせる、という効果もあります。

運動が、体にいいのは知られていますが、ストレスの解消機能もあるので、
是非、まずは、週2回、1日、30分のウォーキングから始めてみましょう。

3.ストレス解消~自然~

3-nature

自然、これも、みなさん、ストレス解消に効果的なことは、感じているところでしょう。

緑に囲まれた公園で、ホッとした気持ちを味わったり、
またテレビなどでも、壮大な自然の光景を見て、感動を覚えたりした経験は誰にでもありますね。

実は、人間の脳には、あらかじめ、大自然とのふれあいを求める欲望が、備わっている、のだそうです。

また、自然とふれあうと、副交感神経が活性化して、一気にストレスが減るのですが、
これは、先にご紹介した、呼吸法や運動よりも上回ることから、
まさに最強のストレス対策といえるでしょう。

考えてみたら、私たち人類の祖先は、数百万年もの間、その歴史のほとんどを、豊かな自然の中で過ごしてきたのですから、当たり前ですね。

しかしながら、現代は、自然が大きく失われています。

近年の研究では、都会で暮らす人ほど、メンタルを病みやすくなることがわかっています。

60歳以上の高齢者を調べた、マックス・プランク研究所によれば、
周囲の半径1kmを、森に囲まれたエリアに住んでいる人ほど、脳の扁桃体が安定して働く傾向がありました。

扁桃体は、人間の感情をコントロールするエリアで、
この機能が正常に働く人ほど、ネガティブな感情に振り回されにくくなります。

都市部での統合失調症や、不安障害の発症率は、都市化が進んでいないエリアにくらべて、56%も多い、のだそうです。

だからといって、森の中で暮らすわけにはいきませんが、
毎日の暮らしに、少しずつ、自然を取り入れていくことはできます。

ということで、オススメな、森林浴をご紹介します。

森林セラピーロードをご存じでしょうか。

これは、専門家が、フィールド実験を行った上で、
「安全に森林浴を楽しめる環境が整備されているか?」と、「ストレス解消の効果が認められるか?」の2点をクリアした場所だけを、認定したものです。

血圧や、心拍変動などを使って、被験者のストレスレベルを測定しており、適当な森林浴スポット選びの参考になります。

下記に、ホームページのリンクを貼っておきますので、
是非、お住まいの地域の近くに、認定のエリアがあるか、確認してみて下さい。

forest-therapy-road-1

森林セラピーソサエティ

現在、全国の64カ所が、認定されているようです。
forest-therapy-road-2
もし、お近くになくても、週末などのまとまった休日に、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

4.ストレス解消~食事~

4-meal

ストレスが起きる原因のひとつに、栄養のアンバランスがあります。

不摂生な食事だと、栄養に偏りができてしまい、栄養のバランスが悪くなることで、メンタルが打たれ弱くなってしまう、というものです。

たしかに、おかしや、ジャンクフードばかりを食べている人よりかは、
野菜たっぷりの食事をしている人の方が、メンタルも安定しそうなイメージはありますよね。

不摂生な食事でメンタルが弱くなるメカニズムは、まだ、完全には解明されていませんが、
いまのところもっとも有力なのが、酸化ストレスが、脳にダメージを与える、という説です。

私たちの体内に活性酸素が増えると、細胞にダメージを与えますが、
その影響は、脳にまで及び、最終的には、メンタルの低下につながっていくというものです。

たとえば、サラダ油です。キャノーラ油や大豆油のような精製油は、酸化ダメージを受けやすく、製造の過程で、大量の活性酸素が発生します。

そのような油で作った、揚げ物や、ファーストフードを食べれば、
あなたの身体は、大量の活性酸素を吸収し、細胞の老化を進めるだけでなく、メンタルまで、悪化させてしまうことになります。

この問題を解決するには、食事を変えていかなければなりません。

そこで、メンタルを強く保てる食事をご紹介します。

これは、オーストラリアのメルボルン大学などが、メンタルを強くするための食事法として開発したものです。

うつ病になやむ被験者に、12週間、この食事をとってもらったところ、症状が、3割も改善されたそうです。

食べるべき食事

  • 玄米、イモ類
  • 野菜
  • フルーツ
  • 豆類
  • ナッツ
  • 脂肪分の少ない、牛肉、羊肉、豚肉
  • 鶏肉
  • オリーブオイル
  • 乳製品

基本的には、お米を玄米やイモ類に変え、いつもより、野菜とフルーツを増やし、魚と、脂身の少ない肉をしっかり食べることを心がければOKです。

また、カロリーなどは気にせず、好きなだけ食べてOKで、
メンタル改善のためには、食事を楽しむほうが大事だ、ということです。

また、逆に、以下の食事は、メンタルの調子を悪くするので、できるだけ避けましょう。

食べてはいけない食事

  • 白米、全粒粉でない、パンやパスタ
  • おかし、ケーキ、アイスクリーム
    ※カカオ分が、70%以上のダークチョコレートであれば、1日ひとかけらまで食べてもOK。
  • 揚げ物
  • ファーストフード
  • 加工肉、ハム、ベーコン、ソーセージなど
  • 清涼飲料水

これらの食事法を、3ヶ月続けると、メンタルが大きく改善されるとのことです。

食事で心が強くなるのは、お酒やジャンクフードを減らすことで、
身体の負担が減り、脳のダメージが軽減されることに加え、
ビタミンやミネラルなどの大事な栄養素、必須アミノ酸、身体に良い脂肪酸のおかげで、頭の働きがよくなることも、大きな要素のひとつと考えられます。

是非、普段の食生活に、取り入れてみましょう。

5.ストレス解消~現実を受け入れる~

5-embrace-reality

またこれも、ストレスが起きる原因のひとつなのですが、
問題を受け入れることができず、現実を否定し続けてしまう、というのがあります。

たとえば、あなたが、仕事で何か重大なミスをした、とします。

このときの反応の仕方としては、下記の2パターンがあります。

  1. ミスをしたのは仕方がない。次は同じことをしないように気をつけよう。
  2. あのとき、もっと、こうしておけば良かったな。そうすれば、ミスなんてしなかったのに…。

おわかりだと思いますが、この中で、ミスを受け入れられていないのは、
②の方ですね。

自分がミスをおかしてしまったことは、紛れもない事実であり、
このように、いつまでも過去を引きずって考えていたら、
嫌なことが頭の中で増幅されいくだけです。

これではストレスがたまっていくのは当然ですね。

ですので、何かストレスになるようなことが起こったら、
まずは、現実を受け入れることが、ストレスを解消するには、大切なのです。

といっても、なかなか、ストレスになったことを受け入れることは、嫌ですよね。
できれば、誰しも避けたいところです。

そこで、この現実を受け入れる方法を、ご紹介します。

それは何かというと、ネガティブな思考を、アニメ声で言ってみる、というものです。

何かネガティブなフレーズが頭に浮かんだら、その思考を、アニメキャラのものまねで、何度か、言い直してみます。

たとえば、「自分はダメな人間だ」と思ったら、

  • ドラえもんなら、
    「のび太くん、ぼぉくは、自分がダメな人間だと思ったよ。」
  • クレヨンしんちゃんなら、
    「みさえー、おら、自分がダメな人間だと思ったぞぉ~。」
  • ドラゴンボールの孫悟空なら、
    「おら、自分がダメな人間かと思ったぞ!」

それぞれの声優さんに似せるように、何度か、繰り返し、言い直してみて下さい。

そんなバカらしい、と思うかもしれませんが、これは、
どんなネガティブな思考でも、単なる言葉でしかない、ということを、
実感するためのもの、なのです。

ネガティブな思考と感情を、他人事のように見つめる視点を育てることが目的です。

是非、やってみて下さいね。

6.ストレス解消~あるある体験にする~

6-meditation

これは、どういうことかというと、嫌な体験を、あくまで一般的な、よくある、あるある体験として語り直す、というものです。

具体的な例を見てみましょう。

「テストに失敗して辛かった。」

「人は誰でもテストに失敗して、辛い気持ちを味わうことがある。」

「忙しいのに、新人が早く帰ってしまい、イライラした。」

「どんな新人でも早く帰ることはあり、それに対して多くの人はイライラする」

このように、嫌な体験を、一般論に変えることで、出来事を遠くから見つめ直せるようになり、結果として、ネガティブな感情が中和されるのです。

ネガティブな思考と感情を、論理的にとらえ直す癖をつける、というのがポイントです。

まとめ

辛いストレスを解消するための、おすすめな6つの方法

  1. ストレス解消~呼吸法~
  2. ストレス解消~運動~
  3. ストレス解消~自然~
  4. ストレス解消~食事~
  5. ストレス解消~現実を受け入れる~
  6. ストレス解消~あるある体験にする~

でした。

辛いストレスを解消するための、おすすめな6つの方法をご紹介してきましたが、①~④については、取り入れるだけで、ストレスが軽減されることが、科学的にも実証されている方法です。

是非、日頃から習慣づけていただくことを、おすすめします。

また、⑤⑥については、各々でアレンジしていただいて構いませんが、
⑤⑥に取り組んでいくと、すべてのストレスの原因は、結局は、自分にあるのではないか、ということを実感することでしょう。

ネガティブな思考や感情は、すべて、あなたの脳が生み出した、一時的な反応にすぎません。

ご紹介してきたように、この一時的な反応に対して、ムダな抵抗をすると、ストレスが増幅してしまうのです。

最終的なストレスの原因、それは、自分自身にある、ということを理解して、上記の6つの方法を、是非、お試し下さい。

この記事が、あなたにとって、無敵のメンタルを手に入れるきっかけとなれば、こんな嬉しいことはありません。

それでは、また。

適性検査LP 適性検査LP

仕事の悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まことあり

コメント

タイトルとURLをコピーしました